すぐわかる! P-one Wizカードの特長・ポイント還元率

クレジットカード

P-one Wizカードは、ポケットカード株式会社が発行するクレジットカードで、最大1.5%のポイント還元率を誇るクレジットカードです。P-one Wizカードの特長、ポイント還元率、利用する上での注意点についてご説明します。

スポンサーリンク

P-one Wizカードの特長

最大1.5%のポイント還元率!

P-one Wizカードの還元率は一部商品の購入や サービス の利用を除き1.5%で、1%は購入時に現金、残りの0.5%はポイントとして還元されます。

年会費永年無料!

タイトル通り、年会費は無料です。

年に1回利用など利用実績や支払い方法をリボ払い(リボルビング払い)に指定した場合といった条件指定は一切ありません。 また、 家族カードの年会費も無料です。

ショッピングプロテクション保証付き!

P-one Wizで支払った場合に限定されますが購入商品安心保険も付帯されます。

スポンサーリンク

P-one Wizカードのポイント還元率

これがとある月の利用明細です。まずは、現金での還元は0.999%とぴったりではないですが、限りなく1%に近い還元率なのがわかると思います。

ご利用日ご利用内容・店名ご利用金額(円) 割引額(円) ご請求金額(円)
5442-****-**** 
05/18ヤフー ○○○○市ふるさと納税 9,400 -94
05/18 ヤフー ○○○○市ふるさと納税 7,000 -70
05/18 コルモピア○○○○○○○○ 6,680 -66
05/26東京ディズニーリゾート(通販) 10,500 -105
05/27○○○○○○○○グループ 34,776 -347
05/27シエラトン グランデ トーキヨーベイ ホ2,020-20
05/31 ○○○○○ 5,289-52
05/31 ○○○○○ 5,185-51
ショッピングリボ支払額 3,000
リボ増額金額 77,045
合計 80,850 -805 80,045

そして、今回付与されたポイントは79ポイント、5円換算ですので還元されたのは395円です。およそ、0.489%となります。

内訳

前年繰越 ※1 0ポイント ボーナス ※2 0ポイント
今年度累計 0ポイント 調整 ※3 0ポイント
当月新規 79ポイント 商品交換 0ポイント

今回の利用で還元された金額は、現金とポイントあわせて1,200円。利用額が80,850円でしたので、1.48%還元されたことになります。

スポンサーリンク

P-one Wizカードの支払い条件

P-one Wizカードはカード申込時にリボ払い(最小お支払金額)が適用されてしまうカードです。このまま利用すると、リボ払いにともなう金利手数料をしはらうことになります。ですので、クレジットカードが届いたら忘れずにずっと全額コースへ変更しましょう。

詳しい手順はこちらです。

スポンサーリンク

ポケットカード利用の仕方のコツ!

ポイント還元率を限りなく1.5%に近づけるためにはコツがいります。複数のカードを使い分ければ簡単です。

1%OFF特典 対象の商品・サービスの購入に使う

 特典対象外分の商品・サービスがあります。対象外となる商品・サービスは以下の通りです(2019年5月現在)。特典対象外となる商品・サービスを利用する場合はポイント還元のあるほかのクレジットカードを利用しましょう。

  • サンリブ 、 マルショク 、ポケットカードトラベルセンター
  • 電子マネーチャージ、金券類、生損保等の各種保険料、ETCカードのご利用分
  • キャッシングご利用分

100円単位の利用金額を合算して1,000円単位の額になるように利用する

100円単位の利用金額の合計額が1,000円単位になるように限りなく近づけましょう。利用明細ごとに100円以上の利用金額に対してポイントが付与されます。このポイントを合算して、総ポイントが計算されます。ちなみに100円に満たない金額分のポイントは切り捨てとなります。

例)ポケットポイント付与条件:1,000円につき1ポイントの場合
  ご利用① 1,440円→1.4ポイント
     ② 2,560円→2.5ポイント
    合計  4,000円  3.9ポイント
獲得ポイント 3ポイント

スポンサーリンク

まとめ

ポケットカードイエローの代わりのカードとして、十分利用できるカードです。我が家でも1,000円以上の定期的な支払いと都度の支払い用として利用するように見直しています。

スポンサーリンク

おまけ (入会キャンペーンは?)

過去には、入会キャンペーンを実施していたようですが、私が入会したのは2019年5月は入会キャンペーンは行われていませんでした。また、自己アフィリエイト・ポイントサイト経由での還元といったのもありませんでした。

さらに余談ですが、今後はクレジットカード単独事業で拡大するよりも伊藤忠商事基軸のクレジットカード事業(ファミマTカード)になっていくような気がします。 楽天カード&楽天ポイントみたいにね。 みなさん、新規募集停止されるまえに早めに入会しておいた方がいいと思います。

コメント

Copied title and URL