CATEGORY

パソコン

  • 2021年11月20日

内蔵ディスクの容量不足を解消! LIFEBOOK WU2/E3 内蔵SSDを交換方法

現在使用している2014年に購入したノートパソコンはTPMに対応していないためWindow 11にアップデートできない、気になって富士通のサイトをみたところちょうど2021年10月のモデル切り替えが旧モデルであるWU2/E3が手頃な価格で販売されているので衝動買いしてしまいました。 本当は、内蔵ドライブの容量は500GBか1TBのがほしいのだけど結構割高なのでね。ということでいつも通り一番最小容量で注文して載せ替えることにしました。 だって、それほど交換は難しくないしね。 ということで同じことを考えている方のために交換手順をまとめました。 どうぞ参考にしていただけうとありがたいです。 今回載せ替えるSSD 新しく購入したLIFEBOOK WU2/E3に搭載するSSDはこれです。 Western Digital製のNVMe SSD(WD Blue 500GB SSD WDS500G2B0C)です。 現在使用している(いた?)ノートPCにも Western Digital製の SSDを取り付けていますがなんとなく安定している気がするので同じメーカのものにしました。(注:Crucial[Micron]は候補外) 参考までになぜ、500GBのSSDを選択しているかとデータバックアップ観点からです。定期的に2.5型500GB ハードディスクを使ってドライブまるごとコピーをしている運用をしているので。。。 SSDは突然死があり得るので定期的なバックアップは重要です。Crucial SSDで懲りました。 内蔵ドライブを交換する前に まずは、SSDを交換したあとにリストアするもしくはインストールする媒体を用意しましょう。 今回は、クリアインストールしますので新しく購入したパソコンを一度セットアップをしてから修復ドライブを作成したあとに交換作業を行いました。 LIFEBOOK WU2/E3 内蔵SSD交換手順 内蔵SSDの交換手順は以下の通りです。内蔵SSDの交換する際はシステムのシャットダウンを実施してパソコンの電源をオフにしたあとに行ってください。 1.SSD交換の準備をする。 接続されているケーブルを取り外し、パソコン本体の背面が上になるようにおきます。 2. スイッチを押して内蔵バッテリからの電源供給をオフにする。 電池OFFを示すアイコンが印字されている穴の中にあるスイッチを細いピンで押すとリチウム電池からの電源供給がオフします。 3. 背面カバーを固定しているネジ(11本)を取り外す。 4. 背面カバーを取り外す。 背面カバーは写真上部の方を少し上げてから引き上げると外れます。下の方にツメがあって引っかかっています。(写真で赤く丸で囲った部分にツメがあります。) 5. SSDドライブを固定しているネジ(1本)を取り外す。 スロットの保護フィルムをめくり、SSDドライブを固定しているネジ(1本)を外します。 6. SSDドライブを取り外す。 SSDドライブのネジ止めする側を少し持ち上げた状態で引き抜くと外れます。 7. 新しいSSDドライブを取り付け、手順5で取り外したネジを使ってSSDドライブを固定する。 ドライブスロットにSSDドライブを斜めにした状態で取り付けます。 8. 背面カバーを取り付ける。 以上で完了です。 購入時に搭載されていたSSD 購入時に取り付けられていたSSDはSumsung製のNVMe 128GB SSDでした。 PM991 NVMe 128GB MODEL MZ-VLQ1280

  • 2021年3月21日

IMAPにあるごみ箱のメールが自動削除される!

Becky! Internet Mailを使ってさくらインターネットで契約しているメールサービスを使っているのですがある日突然?ゴミ箱に捨てたメールが勝手に消えてしまっていることに気づきました。 勝手に消してくれるのは結構便利なのですが保存期間が1週間ぽいのでちょっと不便、なによりも意図に反して勝手に削除されてしまうのは嫌なので原因を調査することにしました。 利用環境と発生している事象 利用環境 さくらインターネットが提供するメールサービスを利用して、パソコン(Becky!)、スマートフォン(iPhone, iPad miniの標準メール)からIMAPでメールを共有しながら利用 iPhone, iPad miniのメール削除の設定(削除したメッセージ)はともにしないの設定している 発生している事象 いつも利用しているIMAP上のごみ箱(Trash)のメールが1週間で自動的に消えてしまう iPhone/iPad miniのメール保存期間の変更をしたりゴミ箱のフォルダー指定を変更しても現象は変わらない(1週間で自動削除) 自動的に削除されるメールはゴミ箱の中のメールだけ。それ以外のフォルダーにあるメールは削除されない 現象が出始めたのはiPhone, iPadのOSはiOS(iPad OS) 13ぐらいからかな、、、iOS 14.4.1でも現象変わらず ゴミ箱のメールが自動削除される原因を調査 メールサービスを提供する事業者(さくらインターネット)に問い合わせ さくらインターネットの問い合わせ窓口から、IMAP上のゴミ箱に格納したメールが保存期間(1週間)過ぎると自動削除されるようになっています、どうしたら変更できるのでしょうかかと相談したところ、以下のような返事をいただきました。 問い合わせいただきました件につきましては、ゴミ箱以外のフォルダに保存されたメールは自動削除されないものの、ゴミ箱に保存したメールのみが自動削除されるのでしょうか。恐れ入りますが、サーバにはメールを自動削除する機能はございません。そのため、メールソフト側の設定起因によるものと存じますが、具体的な設定の確認、変更方法については弊社ではわかりかねます。お手数ではございますが、メールソフト提供元にお問い合わせいただき、設定状況をご確認くださいますようお願いいたします。 さくらインターネット カスタマーセンターご担当者からの返信 なんとなくそうだろうなとは思いながらやはりそうか、、、と。だって今まで消えずに使えていたからね。 メールソフト(Becky!)のBBSに症状を書き込む さくらインターネットの問い合わせ窓口から、IMAP上のゴミ箱に格納したメールが保存期間(1週間)過ぎると自動削除されるようになった、書き込んだところ同じようなことで困っている人はいませんでした。iPhone側の設定を変更してみてはいかがでしょうかというFAQレベルの情報はいただけましたが設定済みですので根本解決には至らず。 切り分け調査をする 新しく作成したフォルダー(Deleted Messages)をBecky!のゴミ箱として指定してみることにしました。明確な理由はありませんが、他のフォルダーのメールは自動で削除されることはなく残っているのでなんとなくです。 で、試してみた結果はこちら。きちんと残っています。 そして、もともとあったゴミ箱のフォルダー(Trash)はどうなのかというと、、、1週間後きれいにメッセージが消えています。 ここからは推論 おそらく、iOS標準のメーラーの仕様でTrashというフォルダー名はゴミ箱の予約語(変更不可)で、削除の仕様は、iCloud メールの管理条件(1週間で消えるらしいと書かれていたので)に従っているのだと。。。 回避策/仕様を逆手どった便利な使い方 IMAPのゴミ箱のフォルダー名をTrash以外の名称(例: Deleted Messages)に変更、そのフォルダーをゴミ箱として設定して利用する 迷惑メールやメルマガ系のメールなど後日削除するメールは通例ゴミ箱を示すフォルダー名(Trash)に振り分け、勝手に消してもらう 参考 Becky! Intenet Mail、iPhone標準メーラの設定はこんな感じです。 Becky! Internet Mailの設定 iPhone側の設定

  • 2020年11月29日

故障したCrucial MX300 SSDを分解する!

2017年6月に購入したCrucial MX300 SSDが壊れました。  まだ、3年とちょっとしか使っていないのに、、、ギリギリで製品保証切れです! がっくりです。。。 くそー、こうなったら悔しいので分解してやる! SATA SSDってどんなふうなっているのかが気になりませんか。 当時、2万円弱もしたものですが、どうせゴミならってことで開封しちゃいます。 アルミ製でかつトップカーバ、リアカバーはツメで固定しているだけでしたので精密ドライバーでぐりぐりとこじ開けてと。 開封! SSDのカバーを開けるとこんな感じです。 黒い2つのチップは、NAND Flashの様です。 それとケースには製造時期(2016/07)を表す刻印があります。購入したのは2017年6月なので、1年前に製造されていたものなのか。。。 ここからはおまけ 壊れる兆候は、、、 ありました。CrystalDiskInfoのスクリーショットを保存していなかったので記憶を頼りにですが、ID:05 代替処理済みブロック数がちょっと使っているだけでどんどん増えていくんです。 確か、故障前の状態で300ブロックぐらいしか残っておらずの状態です。未使用の状態で1970個のブロックがあったので、3年ちょっとで85%の予備を使ってしまった感じです。 念のため使い方の問題かと思いその時点の総書き込み量を確認したところ7TBで、書き込み耐性(100TBW ?? )を考えると到達しているわけなし、、、これはたぶん、TLC NANDチップの不良ぽいなと。 ちなみに、CrystalDiskInfoの健康状態の表示は、 異常 99%でした。 早速、データのバックアップを、、、 早速、Acronis True Image for Crucial をダウンロードしてバックアップを実施。 同一容量のハードディスクを複数個もっていたのでそのうちの1つのハードディスクを使用してデータバックアップを実施。今回はイメージバックアップをしましたが、復旧を考えるとクローンを作成しておいた方が時間も手間も楽です。 参考までに、不良セクタが複数個あったため読み取りできませんというエラーが表示されましたがすべて無視して実行しました。その後そのイメージファイルを使用して復旧しましたので問題ありません。 要因調査を試みる 最新のファームウェアを適用してみた 最新のファームウェア バージョンM0CR070を適用してみました。 無事適用できましたが、再起動直後フリーズ問題が発生。 代替処理済みブロック数が増加。。。。 オーバープロビジョニングの設定を変更してみた 確保されていたオーバープロビジョニングの領域を開放してみました。なにも起きず、Dドライブの領域が増えました。今思うと挙動がおかしい。素人目でも未使用領域でしょう。。。 その後、再度オーバープロビジョニング領域の確保を試みたところ、、、 見事に、ブルースクリーン! SSDにアクセスできなくなりました。。。