クレカ断捨離! ポケットカード発行 TSUTAYA Tカード プラスの解約(退会)方法

このたび、断捨離?をかねてポケットカード発行のTSUTAYA Tカード プラスを解約することにしました。 ということで実際に手続きしたときの手順をご案内したいと思います。 

TSUTAYA Tカードを解約することにした理由

一番の理由は、1年間利用しないと年会費がかかるためです。 このTSUTAYA Tカード プラスは発行当初(アプラス発行のTカードからの切り替え)のものです。 その当時は年会費がかかるクレジットカードでした。今は制度が変わり、年会費無料のカードとなっています。

その上、TSUTAYAでレンタルする機会がめっきり減ったこともありこのままでは1年間使わないかもということで、年会費負担リスクを抑えるために一度手放すことにしました。

TSUTAYA Tカード プラスの解約(退会)前にすること

TSUTAYA Tカード プラスを解約する前にやっておかないといけないことがあります。

それは、TSUTAYA Tカード プラスにたまっているTポイントを他のTカードに移行することです。

ただし、この移行手続きにおいては、電話認証が必要となり、1回の手続きで20円ほどかかるとのことです。 残っているTポイントの残高が20円以上でしたら手続き前に移行しておきましょう。

複数のTカードのTポイントを一つにまとめる方法はこちらをご覧ください。

TSUTAYA Tカード プラスの解約(退会)方法

公式サイトを確認するとポケットカードサービスデスク(Tカードプラス会員様専用窓口)用の自動音声専用ダイヤルに電話をして解約とのことでしたので早速電話をします。

公式サイトでの案内

【退会における注意事項】 ・カードを退会されますと、そのカードに紐付いている家族カードとETCカードも併せて退…

手続き方法

1.クレジットカードを用意する

解約を希望するクレジットカードのカード番号が必要となります

2.専用ダイヤルに電話をする

電話番号はこちらです。 ただ、受付時間があり9:00~17:30(年中無休)の間に電話する必要があります。

  •  0120-606-230(一般電話専用)
  •  0570-064-778(携帯電話専用)
  •  06-7635-2688(IP電話および携帯電話各社のかけ放題プランご利用の方)

3.ガイダンスメニューが流れたら 2-2-9 を押す

案内が流れ始めましたら、2 (クレジット会員) – 2(各種変更) – 9 (解約) を入力しましょう。

4.カード利用の有無に関するガイダンスメニューが1を押す

1(カード利用なし)を入力しましょう。

4.いったん、発信音に切り替わり解約手続きに関するガイダンスに切り替わったらカード番号を入力する

3587で始まるカード番号16桁を入力しましょう。

5.解約における注意事項に関するガイダンスを聞き解約する

通常のカードの解約と同じメッセージですので解約すると使えなくなるような内容の注意(警告)ですが、迷わず解約します。

【ご注意事項】

  • カードを退会されますと、そのカードに紐付いている家族カードとETCカードも併せて退会となります。
  • 携帯電話や公共料金等のお支払いは、カード退会後も継続的にご請求となる場合がございます。各サービス提供会社へ登録変更手続きをお願いします。
  • Tカードプラスをお持ちのお客様は、カードをご退会された場合、TSUTAYAのレンタル機能及び、 お貯めいただいておりましたTポイントはその時点で全て失効となります。
  • カードを退会されますと、会員ネットサービスはご利用いただけなくなります。

7.カードをはさみで切って廃棄する

まとめ

ポケットカード発行のTSUTAYA Tカード プラスの解約は手続きできる時間帯に制限がありますが年中無休で手続きできます。また、電話番号は、利用する電話回線に応じて番号が分かれていますのでかける電話番号に注意が必要です。解約手続き自体は自動音声の指示にしたがって手続きするだけですので簡単にできます。

TSUTAYA Tカード プラスを解約する際には、以下のことに注意しましょう。

  • カード発行元がポケットカードかどうか確認の上手続きします。裏面が緑色のカードがポケットカード社発行のカードです。
  • 残高が残っているTポイントは他のTカードに残高を移行してから解約する
  • 退会処理が済んだクレジットカード(特にICチップ部分)にはさみを入れ使えないようにしてから破棄する

おまけ

TSUTAYA Tカード プラスを退会した理由は、音楽のストリーミングサービス(Spotify)を利用することが多くなりTSUTAYAを利用することがなくなったためです。CDをレンタルしてきてmp3に落とし込んでパソコンやスマートフォンに書き込むなんてことはしなくなりました。